ホーム > 事業案内 > 環境計量証明・受託分析 > 温泉分析

環境計量証明・受託分析

温泉分析

なぜ、こんなに温泉の偽装表示が騒がれるの?

近年、温泉に入ることを目的とした「温泉旅行」が急激に増加しています。
国民の温泉志向は、温泉そのものや温泉情緒といった「温泉らしい温泉」を求めているのではないでしょうか。

温泉に関する最新の正確な表示が求められています。

お客様に安心して温泉気分を満喫してもらうには、温泉に関する最新の正確な情報を提供する必要があります。

温泉に関する最新の正確な表示が求められています。

温泉法が改正され、分析後10年を経過した場合、源泉の再分析を行うことになっています。
温泉法では、温泉成分分析は登録分析機関が行うこととなっております。

温泉中分析

浴用及び飲用の利用を目的とする場合の分析です。
源泉再分析、浴槽での分析等で納期は2週間となります。
新源泉の場合は、源泉再分析と料金は異なります。
納期の短縮や、メタンガス同時測定の場合は別途ご相談をお受けいたします。

温泉小分析

温泉か否かの判定又は泉質の推定を行う場合の分析です。
料金等は、現場状況で異なりますので別途ご相談ください。

大気分析の調査風景

温泉・浴槽水分析の現地調査。

お電話からの環境計量証明・受託分析のお問い合わせ

メールフォームを利用したお問い合わせはこちらから